LINE@友だち追加でstʌn公式ショップで使える「10%OFFクーポン」プレゼント中

発汗力のある健康的なカラダへ導く唯一のフィットネスブランド「stʌn」公式ブログ

stʌn公式ショップはこちらから

【本当に痩せる?】ダイエットに活かすサウナスーツの効果的な使い方とは?

WRITER
 
サウナスーツ
この記事を書いている人 - WRITER -

サウナスーツはその名の通りサウナのような効果があり、通常のウェアよりも大量に汗をかくことができます。

そのため、ダイエットにも注目されているウェアで、様々な種類のものが発売されています。

では、そのサウナスーツには本当にダイエットの効果はあるのでしょうか?

また、ダイエット効果があったとしても着るだけで良いのでしょうか?

効果的な使い方はあるのでしょうか?

この記事では、そんなサウナスーツの疑問について紹介していきたいと思います。

【本当に痩せる?】ダイエットに活かすサウナスーツの効果的な使い方とは?

サウナスーツ

サウナスーツにダイエット効果はあるの?

 そもそもサウナスーツにダイエットの効果はあるのでしょうか?

結論からいえば、直接的なダイエット効果はなく着るだけで痩せるというウェアではありません。

サウナスーツの一番の目的(効果)は「着ることで汗をかけるような体質に改善すること」にあります。

それを説明する上で、

  • 人間はなぜ汗をかくのか
  • 脂肪燃焼のメカニズム

この2点について、まずはご説明したいと思います。

人はなぜ汗をかくの?

人は体温が上がると汗をかきます。

これは汗を出すことで体温が上がり過ぎることを防ぐためです。

 この体温の調整は自律神経という神経で調整されていて、自律神経には以下の2つがあります。

  • 交感神経:車で例えるならエンジンの役割
  • 副交感神経:車で例えるならブレーキの役割

このうち体温への関与が大きいのは交感神経です。

交感神経は上述した通りエンジンの役割を果たすので、運動をするときなど身体を興奮状態にした時に働く神経になります。

  1. 身体を動かすことで、交感神経が働きが良くなり、身体が活性化される。
  2. 身体が活性化されることで、筋肉の働きもよくなりエネルギーの消費も大きくなる。
  3. エネルギーを消費する過程で熱が産生され、徐々に体温が上がっていく。
  4. 体温が上がることで、血管が広くなり血流が良くなる。
  5. 血流が良くなることで筋肉へ酸素や糖質といったエネルギーが運搬されやすくなる
  6. 以下繰り返し

というループが生まれます。

しかし、熱が上がりすぎると人はどうなるのでしょうか?

極端なお話、最悪の場合は死に至りますよね。(熱中症などがこれに当たります)

人間の身体はタンパク質によって構成されていますのはご存知だと思いますが、このタンパク質は熱に弱く、高温に晒されると組織が変性してしまいます。

簡単にいうと焼肉になってしまうというわけです。

人間の身体はこのタンパク質の熱変性を防ぐためにを防ぐために、汗をだし汗が蒸発するエネルギー(気化熱)に体温を奪ってもらって、体温を調整しています。

脂肪燃焼のメカニズムは?

ここからは脂肪燃焼のメカニズムについて解説していきます。

そもそも脂肪はなぜ蓄積されるかご存知でしょうか?

脂肪とは飢餓状態に備えた備蓄つまり余った貯蓄エネルギーです。

食事で摂取したエネルギーが消費しきれなかった場合、脂肪として体内に蓄積されていきます。

たまったエネルギーは運動した際に体内のエネルギーが不足した時に使われ、そこで初めて消費されます。

この時、体内では以下のようなことが起きています。

  • 体内のエネルギー(糖質)が減ると体脂肪が分解され、血管を通って肝臓に運ばれる
  • 肝臓で身体を動かすのに必要なエネルギーに変換される
  • 変換されたエネルギーが心臓や筋肉など必要なところに血管を通って運ばれる

この肝臓の働きを糖新生と呼びます。

このような糖新生の働きによって脂肪がエネルギーに変換されるため、人は飢餓状態を乗り切ることができるのです。

ここで重要になってくるのが「脂肪が分解されて血管を通って肝臓に運ばれる」という部分です。

もし血流が悪ければこの運搬はどうなるでしょうか? もちろん運搬する効率が悪くなってしまいますよね。

つまり「血流が悪くなることでの運搬効率の低下=脂肪燃焼効率の低下」という図式が成り立ちます。

そのため、脂肪を効率よく燃焼するためには血流をよくする必要性があるということがお分りいただけると思います。

つまりサウナスーツのダイエット効果は?

  • サウナスーツを着ることで、汗をかく
  • 汗をかくということは体温が高くなる
  • 体温が高くなることで血流の流れが良くなる
  • 血流の流れが良くなることでエネルギーの代謝が良くなる

今までの説明をひっくるめると、サウナスーツを着用することで、このような好循環を産むことができます。

また、体温が高くなることで、基礎代謝もあがり日々の脂肪燃焼効率も高くなっていきます。

サウナスーツは着るだけで痩せると言うものではありませんが、脂肪燃焼効率が高くなり痩せやすい体質に変わる効果が期待できるということが言えますね。

次にサウナスーツについて、その他の効果もみていきましょう。

ダイエット効果以外のサウナスーツの具体的な効果は?

サウナスーツサウナスーツの最大の効果は“汗をかきやすくすること”です。

では、汗をかくことによるその他の効果もみていきましょう。

①血液循環がよくなる

  • 体温が上がり汗をかく
  • 体温が上がると血液のめぐりが良くなる
  • 血液のめぐりが良くなると腎臓や肝臓に血液がよく流れる

腎臓や肝臓は毒素を処理する大切な臓器です。

そのため、腎臓や肝臓に血液がよく流れることで通常より処理する能力が高まるようになります。

とくに肝臓は脂肪を分解しエネルギーに変える作用があるダイエットにおいて重要な組織となります。

アルコール、アンモニアなどの有害物質を分解して、腎臓に送る役目も果たします。

また、腎臓は老廃物を濾過し、尿として排出する他、体内の水分量を調整する働きがあります。

この腎臓の働きが悪くなり体内の毒素が排出されなくなると、血流や代謝が悪くなり、セルライトやむくみの原因にもなります。

血液循環と内臓の働きはダイエットと切っても切り離せない重要な関係性があります。

②自律神経が整う

サウナスーツを着ることで体温が上昇すると、体内では体温を正常に戻そうとする働きが増えます。

自律神経にあるアクセルの役割を果たす交感神経と、ブレーキの働きをする副交感神経がそれぞれ以下のような働きをします。

  • 交感神経=汗をかいて体温を下げようとする
  • 副交感神経=体内をリラックスモードにして体温を元に戻そうとする

運動などで両方とも働かせることより自律神経がしっかりと働き、バランスが整うと言われています。

サウナスーツは汗をかきやすくしますから、自律神経を間接的刺激しやすくしていると言えますね。

③免疫力の向上

  • 汗をかくと体温が上がる
  • 体温が上がると免疫システムが活性化される

交感神経は体温調整の他にも体の免疫システムのコントロールも行います。

体温が高くなり交感神経が活性化されることで、免疫システムも働きやすくなります。

体温が高い人が風邪を引きにくいと言われているのは、免疫力が高いためです。

汗をかく習慣がカラダに身についていると体温が上がりやすくなり免疫力が働きやすくなるでしょう。

④ホルモンバランスが整う

体温の調整以外にも、自律神経が働く場面があります。

それが”ホルモンの分泌”です。

身体を活性化させるようなホルモン分泌には交感神経が、逆に休ませるようなホルモンの分泌には副交感神経が働きます。

体温調整のために交感神経が働いた後、必ず副交感神経も働いて身体を休ませようとします。

動いた後に疲れて休みたくなる、あの感じですね。

自律神経の働きが良くなることで、結果的にホルモンバランスの調整もうまくいくようになるということです。

また、ホルモンを全身に運ぶのは血液のため、血液のめぐりが良くなれば、カラダの隅々までホルモンを運ぶことができる効果が期待出来ます。

⑤むくみに良い

汗をかく習慣のないカラダは、汗腺が閉じてしまい、汗をかきにくい体になってしまいます。

汗がかけないカラダは体温調節がうまくいかず、自律神経の乱れに繋がります。

自律神経が乱れれば、上記に記したような効果が得られなくなり、特に血流の低下(体内の水分も含めて)につながります。

当然余分な水分の行き場がなくなり、結果むくみに繋がります。

逆にいえば、汗のかきやすいカラダはそれだけでむくみにくいカラダと言えますね。

サウナスーツを着用して運動し、運動による発汗を促すことでカラダの代謝UPや体内バランスを整える体質改善の効果が期待できるのです。

サウナスーツでのダイエットで痩せる効果を出すための5つのポイント

サウナスーツ

サウナスーツを着ることによる効果はわかっていただけたかと思いますが、当然着用して運動しないとその効果は期待できません。 

では、サウナスーツを使ったダイエットで痩せるためにはどのようなことに気をつけるべきでしょうか?

いつかポイントがありますので、それを紹介していきたいと思います。

軽度なエクササイズ

サウナスーツ を着用しての運動では、2つ注意点があります。

  • 多量の汗をかくので小まめな水分補給が必要
  • 通常の運動よりも体力を大きく奪われるので、慣れないうちは軽度なエクササイズにする

とくに早く結果を得ようとして強度な運動をすると脱水症状熱中症の危険性があります。

運動習慣のない方や久しぶりに運動する方は20-30分程度のウォーキングやジョギングから始めましょう。

軽い運動であっても十分な効果が見込めますので、徐々に身体を慣れさすことを意識してください。

サウナスーツをきちんと着る

サウナスーツはわざと通気性を悪くして、ウェア内の熱を閉じ込めることでサウナと同じような環境を作り出しています。

言い換えればきちんと着用しないと効果が弱くなってしまうということです。

実際のサウナと同じように気密性を高めることでより効果が発揮されますので、以下の3つのポイントを抑えましょう。

  • ジッパーをしっかりと閉める
  • インナーはボトムスにしまう
  • フードを被る

インナーにも気をつける

サウナスーツの中に着るインナーもとても大事なことを覚えておいてください。

インナーは綿やポリエステルなどできるだけ吸水性・速乾性に優れたものを着用しましょう。

汗を大量にかくのはよいですが、汗を放置しておくと体温が下がるため、脂肪燃焼効率が悪くなってしまいます

最悪、風邪を引いてしまうこともあります。

それでは本末転倒なので、汗の処理には十分注意しましょう。

体調によって使い分ける

サウナスーツは上下セットで着ないといけないというルールはありません。

気分や体調によって、上着だけあるいはズボンだけ着るという使い方でも全然問題はありません。

  • 上半身だけ汗がかきづらい
  • 下半身の代謝が悪いのが気になる

特に女性はこのような悩みをお持ちの方も少ないくないと思いますので、お悩みに合わせてセパレートで着用すると効果的にサウナスーツを着用できます。

ただし、上下どちらかを着て部分痩せを狙うというのは難しいのでご注意ください

それ以外にもセパレートで着ることでウェアのコーディネートを楽しめるのもメリットですね。

十分な水分を摂取する

サウナスーツをダイエットに活用するためには、しっかりと汗をかく必要があります。

そのためには体内に十分な水分がないといけません。

サウナスーツを着ると大量の汗をかくため脱水症状や熱中症の危険があります。

また、水分量の低下はそのまま血液量の低下も意味します。

血液の量が少なくなれば当然、その分血流も悪くなってしまいます

血流が悪くなれば肝臓への血液循環も悪くなり、エネルギーの消費効率も悪くなります。

ダイエットのためにも、命を守るためにも水分補給はとても大切です。

サウナスーツを着る前後だけでなく、着ている最中にもしっかり水分補給をしましょう。

水分補給はただの水でなく塩分(ミネラル)も一緒に取るようにすると汗と一緒に流れた塩分を補給できるので理想的です。

  • 運動前に塩分の入ったキャンディーを舐める
  • スポーツドリンクを薄めたドリンクを用意する

上記のような用意、対策をしておきましょう。

常にサウナスーツを着ない

というかずっと着ていればよくない? そう考える方もいらっしゃると思います。

過ぎたるは猶及ばざるが如しという言葉があるように、いかにサウナスーツが有用なものでもずっと着ておくことは健康状態的にもマイナス面が大きくなります。

汗を常にかくと身体の中の自律神経のうち、アクセルの役割を果たす交感神経が興奮します。

つまり、体がアクセル踏みっぱなしの状態になるため、逆に疲れやすく、また疲れが取れにくい体になります

このような身体ではダイエットの効率も下がるだけでなく、眠りが浅くなるなどの弊害が生じます。

ずっと着用するということはやめて、オンオフ・メリハリをつけて活用しましょう。

サウナスーツの洗濯はできれば手洗い、自然乾燥で乾かそう

サウナスーツは機密性を高めることでサウナと同じような効果が期待できます。

裏を返せば、機密性が低くなるとサウナスーツの効果が低くなってしまいます。

サウナスーツでは機密性を高めるために特殊な素材が使われていたり、加工がされています。

洗濯機で洗ってしまうと生地や加工が痛むのが早くなってしまうケースが多いです。

そのため、より長くサウナスーツの効果を持続させたい場合は、手洗いがおすすめです。

手洗いがめんどくさいという方は、洗濯機でも洗濯脱水しても良いですが商品寿命が短くなってしまう場合があるのでご注意くださいね。

サウナスーツを着用して行う運動はどんな運動が良い?

サウナスーツでは着て行う運動というと、ランニングやウォーキングを思い浮かべる方が多いと思います。

ですが、有酸素運動の時にでも筋トレの時にでもどちらの時でも効果はあります。

しかし、効果に差があるためその違いを説明していきます。

サウナスーツを着て有酸素運動をする効果

有酸素運動は身体へかかる負荷が小さいですが、脂肪燃焼には効果的な運動ですね。

有酸素運動を行うことで、体温の上昇や血管の拡張がおこり、血流も良くなっています。

このときサウナスーツを着ることで、普段より体温が上昇しやすくなり血管が通常よりも早く拡張します。

血管が拡張することで血流が良くなり、筋肉へのエネルギー供給率が向上します。

そうなると代謝効率が高まりますので、より多くのカロリーを消費できる期待がもてます。

サウナスーツを着て有酸素運動をすることで、普通に有酸素運動するよりも効率よくエネルギー消費できるため、よりダイエット効果が期待できますね。

サウナスーツを着て筋トレをする効果

筋肉は筋トレによって筋繊維が破壊された後、十分なブドウ糖・タンパク質が補給されることで超回復し、より肥大していきます。

そのため、筋肉増量のためには

  • 筋肉を効率よく使うこと
  • 筋トレ後の栄養補給

以上2点がとても重要となります。

サウナスーツを着ることで皮膚温度だけでなく、深部体温まで上昇する効果が期待できます。

そのため、筋肉だけでなく消化器系への血流促進も期待できます

消化器系への血流が促進されればトレーニング後の栄養分の消化・吸収が促進されます。

サウナスーツを着て筋トレをし、そのままワークアウトドリンクやプロテインなどの栄養補給を行えば効率良く超回復を促せる可能性があります。

 どちらの運動でも、サウナスーツを着ることで代謝効率の向上が期待できます。

代謝効率が上がることはそのままダイエットにつながりやすくなりますので、サウナスーツを着ての運動は十分メリットがありますね。

サウナスーツで運動をする時の注意点

ここまでサウナスーツを着て運動をする時のメリットばかりをあげてきましたが、当然注意点もありますのでご紹介していきます。

体調を整える

サウナスーツを着ることで体温が上昇し、筋肉への血液供給量は向上しますが、それによって血管への負荷も大きくなってしまいます。

つまりサウナスーツを着用して運動すると着用しないで運動するときより身体にかかる負担が大きくなるということです。

そのためサウナスーツを着用して運動する際には、まず体調がいい状態というのが前提になります。

特に睡眠の質は体調に大きな影響を及ぼしますので、前日の睡眠の質が悪かったり、睡眠不足のときはサウナスーツ を使用しての運動は控えましょう

もしそれでも運動がしたいという場合は、家庭内での家事やストレッチなど、日常生活レベルの運動にとどめておいてください。

ストレッチのみであればそこまで大きな負担はなく、体を整えることができます。

しかし、休むことも重要ですので、体調が悪い時は思い切って休むことをオススメします。

運動する時間を調整しよう

上記にも記載した通り、サウナスーツを着ると大量の汗をかき体温が大きく上昇し、着用しないで運動するときより身体への負担が大きくなります。

そのため運動習慣のない方や久しぶりに運動する方は、20-30分程度のウォーキングやジョギングから始めましょう。

軽い運動であっても十分な効果が見込めますので、徐々に身体を慣れさすことを意識してください。

また、運動前後ではストレッチを行うようにしてください。

  • 運動前のストレッチ=準備運動で体を慣らし、エネルギー消費効率を高める効果が期待できる
  • 運動後のストレッチ=疲労物質を流し、呼吸を整えることで疲労回復効果が期待できる

このような効果が期待できるため、運動が長続きしやすくなります

2〜3日急に運動したからといって満足する結果に結びつくものでもないですし、強度をあげていくのは慣れてからでも遅くありません。

急に運動すると、熱中症脱水症状の危険性もあるので、運動中に身体に異変を感じたらすぐに中断しましょう。

筋トレをする場合は、体にかかる負担をコントロールする

筋トレは身体にかかる負担が大きいので、その日の体調に合わせてやりすぎには注意するようにしましょう。

また、サウナスーツの代謝を高めるというメリットを生かして、その日トレーニングしない部位に着用するという方法も効果的です。

トレーニングに慣れている方であれば、上半身と下半身でメニューを分けている方が多いと思います。

上半身メニューを行う日にはサウナスーツのボトムス、下半身メニューを行う日にはサウナスーツのトップスを着用することで、身体にかかる負担をコントロールしてサウナスーツを活用することができます。

また、サウナスーツを着るだけで筋肉がつくわけではないということを理解することも大事です。

伸び悩んだ際のモチベーション維持に大事なメンタルコントロールになります。

サウナスーツで効率よく汗をかくための最大のポイントは?

 ダイエットなどの効果は体温を上げて、汗をかいてこそです。

ではその汗をかくためにもっとも重要なことはなんでしょうか?

ズバリ、自律神経を整えることです。

自律神経を整えたうえでサウナスーツを着て運動すれば基礎代謝も上がり、汗をかきやすくなります。

自律神経を整えるために重要なことは生活習慣を整えることです。

  • 毎日の睡眠・起床時間を一定にする
  • 毎日軽く運動をする
  • 姿勢を気を付ける
  • しっかりと栄養を取り、睡眠の質を高める

当たり前のことですが、この当たり前ができてこそ、痩せるための身体の土台が整います。

痩せるための身体の土台が整っていない身体はサウナスーツ に限らず、どんなグッズやサプリを使っても効果を出すことはできません。

この辺に自信のない人は、まずは生活習慣の改善を考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • サウナスーツのダイエット効果
  • サウナスーツのダイエット以外の効果
  • サウナスーツを活用して痩せるためのポイント
  • サウナスーツを着用して行う運動の種類
  • サウナスーツで運動をする時の注意点

【本当に痩せる?】ダイエットに活かすサウナスーツの効果的な使い方とは?と題して以上の5つの観点からまとめてきました。

サウナスーツは上手く使えばダイエットにとても有用なウェアです。

ですが、反対にデメリットも知っておかないと有効活用できないのも事実です。

この記事を繰り返し参考にしていただき、サウナスーツを使った効率の良いフィットネスライフをおくってくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© stan公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.